神経因性膀胱

神経障害が原因で排尿障害をきたす疾患です。パーキンソン病などの神経疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害、骨盤内手術後、糖尿病などが原因となります。

 

薬物治療や尿道カテーテル、自己導尿などで治療します。当院では自己導尿や尿道カテーテルにも対応しております。

問診票のダウンロード