ブログ

本日2月4日は風疹の日です。 昭和37年度から昭和53年度に出生された男性の方は風疹の定期予防接種を受けておらず風疹抗体が無い事も多いです。また予防接種を受けていても抗体が減弱化しているケースもあります。大人がかかると重症化し、さらには妊婦さんにうつすとお腹の中の赤ちゃんに移してしまい先天性風疹症候群の原因となります。出生児に心疾患、難聴、白内障等を起こしてしまう事があり予防する事がとても大切です。 当院は泌尿器科クリニックですが泌尿器科疾患に限らず感染症の予防、管理をはじめ全身的な健康管理に努めています。そのため各自治体の補助で風疹の抗体検査を受けられるようになっています。 世田谷区では「昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生」の男性は無料で風疹抗体検査が受けられます。当院は世田谷区の検査を受託している医療機関ですのでクーポンを持参頂ければ無料で風疹抗体検査を受けることができ、抗体が無い場合にはワクチンを無料で接種する事が可能です。お手元にクーポンが届いてない方は世田谷区にご請求ください。専用の診療予約枠も設けております。 上記の対象外でも風疹抗体検査を当院で行っております。ブライダルチェックの検査項目にも含んでおりますので上記、出生期間外でも自費診療で検査を受ける事も可能です。クーポン利用によりブライダルチェックを割引価格で受ける事も出来ます。詳しくはお問い合わせ下さい。 当院は桜新町・用賀・駒沢エリアの泌尿器科専門医クリニックです。 せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。    ...

生活の質(QOL;Quality of Life)を下げる症状の一つとして夜間頻尿があります。 入眠して覚醒するまでの間に1回以上トイレのために起きるのが夜間頻尿と定義されます。 夜間頻尿の原因となる疾患は前立腺肥大症、過活動膀胱、夜間多尿、睡眠時無呼吸症候群、膀胱結石など様々です。夜間頻尿があると睡眠が障害されますので睡眠が不十分となり日中の眠気やパフォーマンス低下につながります。特に高齢でお体が悪い方は夜間のトイレの際に転倒し骨折するリスクがあります。血液がサラサラになると過剰な水分摂取を促され多尿となり結果的に夜間頻尿となるケースも存在します。飲水で血液がサラサラになる事はないのは科学的に証明されていますので夜間の過剰な水分摂取は控えましょう。 当院では最新機器による尿検査、超音波検査などを駆使して夜間頻尿の原因となる疾患を特定し泌尿器科専門医として治療しております。治療薬についても日々進化しており効果が高く副作用の少ない薬も開発されています。特に難治性過活動膀胱に対するボツリヌス療法には力を入れており、局所麻酔で日帰りで実施可能です。本治療は2020年4月より保険診療として承認され、当院は非治験施設で保険診療として日本で初めてボツリヌス療法を行い今まで全ての症例で合併症なく安全に施行しています。また、睡眠時無呼吸症候群の検査や治療も行っています。 夜間頻尿でお困りの方、お悩みの方は是非当院にご相談下さい。適切に診断し治療を行っていきます。 最新鋭の殺ウイルス装置などを設置し感染対策をしっかりと行っています。 当院は桜新町・用賀・駒沢エリアの泌尿科専門医のクリニックです。 せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。 ...

昨年末に発売された「頼れるドクター世田谷 2020-2021」に当院の紹介記事が紹介されました。 当院で積極的に行っている頻尿の治療や男女別の待合室などを取材頂きました。当院の待合室にも配置していますが書店等で見かけた際には是非ご参照頂けますと幸いです。 当院は桜新町・用賀・駒沢エリアの泌尿器科専門医のクリニックです。泌尿器科専門医の見地から皆様の生活の質の向上や健康管理についてお手伝いできるよう日々研鑽しております。 せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。 ...

2020年12月2日をもちまして当院は開院一年となりました。皆様に支えられ約2400人の方に御来院頂きました。今後も皆様の健康管理、地域医療に貢献すべく努めてまいります。 当院は桜新町・用賀・駒沢エリアの泌尿器科専門医のクリニックです。せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。 ...

血尿はその名の通り、尿に血液が混じっている状態です。 英語ではhematuriaと表現します。健康な状態では当然、尿に血液が混じる事はありません。 自分の目で目視できる血尿を肉眼的血尿(gross hematuria)、自分の目でみても分からず尿検査で分かる血尿を顕微鏡的血尿(microscopic hematuria)といいます。 肉眼的血尿は尿1000ml中に1mlの血液が混じる(0.1%)とわかるとされています。血尿の原因としては様々で挙げたらきりがありませんが、尿路感染症、尿路結石症、膀胱がんなどの泌尿器悪性腫瘍が主な原因となります。膀胱炎や尿路結石症は痛みを伴うことが多いですが、注意が必要なのは無症候性血尿です。 無症候性血尿とは痛みや発熱など血尿以外の症状が無い血尿の事を指します。経過を見ていたも治まらない無症候性血尿は膀胱癌など泌尿器悪性腫瘍を考える必要があります。血尿と呈する可能性がある泌尿器悪性腫瘍は膀胱がん、腎盂(じんう)がん、尿管がん、前立腺がん(男性のみ)などです。 当院では血尿症状(健診等で血尿を指摘された場合なども含む)に関しては最新の尿検査機器や超音波検査などを駆使して異常がないかしっかりと検査し診断を行っています。 万が一、異常が疑われ更なる精密検査や治療が必要と判断された場合には近隣の協力医療機関と提携しシームレスに検査や治療を進めて参ります。 血尿症状は健診等で尿の異常の指摘があった場合には泌尿器科専門医クリニックの当院へご相談下さい。感染対策も徹底していますのでご安心して来院ください。 当院は桜新町・用賀・駒沢エリアの泌尿器科専門医のクリニックです。せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。 ...

男性特有の臓器の一つに前立腺があります。膀胱の前に立っているように存在するために前立腺(英語ではPtostate)といいます。前立腺は膀胱の出口で尿道を取り囲むように存在しています。そのため肥大が進行すると尿道を圧迫し尿勢低下、頻尿、排尿困難などの症状と引き起こします。重症のケースでは尿閉状態(尿が膀胱内に溜まっているにも関わらず排出できない)に至り、更には腎不全になる場合もあります。 前立腺肥大は加齢現象であり男性であれば避けて通れません。院長も男性である以上、前立腺肥大で将来的に悩む可能性が勿論あります。ただ肥大が起きても症状が無い場合もありますので、肥大がありその症状で生活の質(QOL)下がる場合に前立腺肥大「症」と考えます。 診断には国際前立腺スコア(IPSS)、超音波検査、尿流測定検査などを用いて診断していきます。前立腺肥大が進行すると前立腺がんになると勘違いされる方が少なからずいらっしゃいますが肥大の進行で前立腺がんになる事はありません。ただ、前立腺肥大の中に一定の割合で前立腺がんが潜んでいますので当院では前立腺がんのマーカー(PSA)の検査も併せてご提案しています。PSAは経時的な経過や前立腺肥大の程度、年齢を考慮し判断する必要があるので健診等でPSAが高いといわれご心配な方も是非ご相談下さい。泌尿器科専門医としてアドバイス致します。 前立腺肥大症は主に薬物療法で治療していきます。薬物療法を行ったにもかかわらず症状の改善が乏しい、前述のように尿閉状態に至る、排尿困難が重症なケースには手術を検討する事になります。最近ではほとんどが経尿道的手術(尿道から内視鏡を挿入し手術する)する事が一般的です。従来の電気メスで切除する方法やレーザーで前立腺肥大部をくりぬく手術などが行われます。 手術が必要なケースでは連携している近隣の医療機関に紹介させて頂いています。病院によっては院長が直接、協力医療機関に赴き手術を行っています。 当院では前立腺肥大症を適切に診断するよう最新診断機器を導入しています。特に尿流検査に関しては一見、通常のトイレですが、尿流を測定できる機械となっています。 頻尿や尿勢低下など排尿についてお困りの方は是非、当院にご相談下さい。泌尿器科専門医の立場から適切に診断しサポートさせて頂きます。 当院は桜新町・用賀・駒沢エリアでは数少ない泌尿器科専門医のクリニックです。 せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。...

当院ではインフルエンザ予防接種を3700円(税込)で行っています。 当院ではまだ在庫がございますのでご希望の方はご連絡下さい。世田谷区在住の15歳以下のお子様は公費利用で2700円で、65歳以上の方は世田谷区より送付された予診票(青い封筒)をお持ち頂ければ無料で接種できます。 当院は泌尿器科専門医のクリニックですが、地域の皆様の全身的な健康管理のお役立てるよう努めております。   当院は桜新町・用賀・駒沢エリアの数少ない泌尿器科専門医のクリニックです。 せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。...

本日、医療機関ではいち早く最新の紫外線殺菌・殺ウィルス装置care 222を2台設置いたしました。受付カウンターを挟み込むように設置しています。 新型コロナウィルスやインフルエンザウィルスに有効であり、人体に害の無い波長222nmの紫外線を使用しています。 従来の殺菌用の紫外線のは波長が254nmでヒト細胞のDNAなどを傷害してしまうリスクがありましたが`本機で用いている紫外線は波長が222nmで人体に影響を及ぼすことはありません。一方でウイルスや細菌の不活化には効果を発揮するため安全かつ殺菌効果が高い装置となっています。 https://youtu.be/fKwhLyf4lSc 当院では新型コロナウィルスが問題となる前の開院当初から感染対策を徹底していましたが、今回、本装置の設置にて更に感染対策を強化しました。当院は引き続き感染対策を徹底し皆様のお役に立てるよう注力して参ります。御来院の際には安心してお越し下さい。 当院は桜新町・用賀・駒沢エリアで唯一の泌尿器科専門医のクリニックです。 せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。 ...

尿路感染症はその名の通り尿路に発症する細菌感染症です。尿路とは腎臓、尿管、膀胱、尿道、(男性の場合は前立腺を含む)の総称です。主に急性で発症し発熱、腰背部痛、排尿時痛などの症状をきたします。尿路結石症、排尿障害、尿路奇形など尿路に何かしらの異常があり発症する尿路感染症を複雑性尿路感染症といい、尿路に異常がなく発症してくる尿路感染症を単純性尿路感染症とカテゴライズします。   女性の場合には急性膀胱炎から急性腎盂腎炎を発症する事が多く、症状としては感染した側(腎臓は左右二つあります。)の腰背部痛と高熱を呈します。膀胱炎を発症した場合にはなるべく早く診断、治療するのが大切です。 男性の場合には排尿時痛、発熱を症状とした急性前立腺炎を発症する事があります。また男性では前立腺と関連して急性精巣上体炎を発症する事があります。陰嚢の腫れ・痛みや発熱症状を呈する事があります。尿道炎は性感染症として発症する場合がほとんどです。 尿路結石など原因がある複雑性尿路感染症ではドレナージ(感染している尿を排出)する処置・手術が必要となる事があり、単純性と複雑性の見極めが非常に大切です。 また、最近では尿路感染症の原因菌で抗生物質への耐性を示す耐性菌が問題視されており適切な抗菌薬治療が求められています。   院長は泌尿器科専門医以外にも感染症専門資格である抗菌化学療法認定医・インフェクションコントロールドクター(ICD)の資格も有しており、今まで数多くの尿路感染症治療に携わって参りました。当院では尿検査、尿培養検査、エコー検査などを駆使し適切な尿路感染症治療を行うよう心がけています。入院が必要な場合には近隣の協力医療機関と連携を取りしっかりと対応いたします。   当院は桜新町・用賀・駒沢エリアで唯一の泌尿器科専門医のクリニックです。 せたがや泌尿器腎クリニックをよろしくお願い致します。...

10月2日よりインフルエンザ予防接種を開始いたします。価格は税込で3700円となります。15歳までのお子様は世田谷区より1000円助成(クリックでリンク先に遷移します。)されますので来院時に助成券のご記入をお願い致します。また、10月1日時点で65歳以上の方は無料で受ける事ができますので世田谷区よりご自宅に届いた予診票 (青い封筒)を記入の上、ご持参ください。 今年は新型コロナウィルスの影響でワクチン需要が高まっており在庫限りとなりますのでご了承ください。ご希望の方は電話またはHPからネットでご予約下さい。 なお、在庫の状況が読めないため予約時点で1週間先以降の予約はお受けできません。 何卒よろしくお願い致します。     ...